施工事例

画像:アリクイ

2015年9月10日 16:52更新

神奈川県横浜市

リフォーム

省エネ住宅ポイントを活用したリフォーム

お客様がご自宅をご購入されたタイミングで水廻りを中心としたリフォームをさせて頂きました。

ちょうど、省エネ住宅ポイントが始まったため、今回は窓の断熱改修・エコ住宅設備、

ユニットバスの設置に加え、手摺の設置や段差の解消等のバリアフリー化と、

幅広く制度を活用し、ポイント化することができました。


ユニットバスの入れ替えやバリアフリーを考える場合、省エネ住宅を活用できる場合もあります。

現在の省エネ住宅ポイント制度では、ポイントをエコ商品や地域産品等に交換することが出来ます。

エコポイントの申請期間はその状況にもよりますが、平成27年の11月30日までには打ち切られることとなっております。

ポイント制度の活用をお考えの方はお早めにご相談下さい。


参考URL http://shoenejutaku-points.jp/

データ

施工期間約10日間
施工種別リフォーム 担当者長崎
使用した商品・材料

【浴室】ハウステック:NJB1116
【浴室】TOTO:節水栓 TMGG-40E
【内窓】YKKAP:プラメイクⅡ
【給湯器】パーパスエコテック:20号エコジョーズ GX-H2000AW-1
【洗面所 天井・壁クロス】サンゲツ
【洗面所 床CF】サンゲツ

リフォームポイント

画像をクリックすると拡大表示でご覧いただけます。

1

省エネ住宅ポイントを活用

窓の断熱改修・エコ住宅設備の設置・バリアフリー改修等が省エネ住宅ポイントの対象に。

居室の窓に内窓を設置し、断熱効果をアップしました。

2

使い勝手の良いユニットバス

在来工法の浴室からユニットバスにすることで、使い勝手の良い空間に。

節水栓・手摺・開口幅・段差解消が省エネ住宅ポイントの対象に。

 

3

安全性に配慮した階段

階段に手摺を設置することで安全性に配慮したつくりになりました。

手摺の設置が省エネ住宅ポイントの対象に。

関連ワード
,